外壁塗装に使う塗料って調べてる?塗料で耐用年数が違う?

外壁塗装に使う塗料って調べてる?塗料で耐用年数が違う?

外壁塗装に使う塗料に複数種類があることを知っていますか?
塗料によって価格が違うのはもちろん、耐用年数も違います。

よくわからないので業者に丸投げしたいところですが、次の塗り替え時期を考える目安くらいは欲しいですよね。
劣化してギリギリになってからでは予算も捻出し辛いですから…。

事前に耐用年数がわかっていれば、それに向けてお金を貯められます。
そこで外壁塗装に使う塗料について調べました。

外壁塗装に使われる塗料

外壁塗装に使う塗料には種類があります。
アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系が代表的ですね。

左から順に耐用年数が長く、価格が高くなってきます。
ですので高い塗料を使った方が、外壁塗装を行う頻度を抑えられるわけですね。

当然劣化状況によって早くなることもありますが、耐久性は高いにこしたことはありません。

業者によっては安い塗料で高額な請求をしてくることもありますので注意が必要です。
そんなことをしている業者は極一部ですので、有名な外壁塗装業者を選べばまず問題ないでしょう。

塗料の種類で耐用年数が違う

外壁塗装の塗料は種類によって耐用年数が違います。

塗料 耐用年数 相場
アクリル系 5~7年 1,200~1,400円
ウレタン系 6~10年 1,700~2,000円
シリコン系 10~15年 2,400~3,200円
フッ素系 15~20年 3,600~4,500円

環境や塗料によって耐用年数は変わりますが、大まかには上記の通りです。
ですので耐用年数を基準に外壁塗装を行う計画と立てると良いでしょう。

安くて耐用年数が短い塗料だからと言って心配する必要はありません。
他と比べるから微妙に感じるだけです。
普通に考えれば何年も雨風に耐えられるだけですごいですから。

外壁塗装はどの塗料がオススメ?

外壁塗装に使う塗料
外壁塗装はどの塗料を選ぶのが良いのでしょうか?
それは何を優先させるのかによって変わります。

外壁塗装の頻度を減らしたいのであればフッ素系塗料が良いでしょう。
1回の出費は大きくなりますが、耐用年数は長いです。

出費を抑えたいのであればウレタン系塗料が良いでしょう。
細部にも塗装しやすいそうで、コスパが良いです。

高いお金を出して外壁塗装の頻度を減らすか、出費を抑えつつ頻繁に外壁塗装するかですね。

頻繁と言っても5年以上空くので深刻に悩む必要はありません。
環境によって劣化状況は変わりますので、見積もりしたときに相談して、一番コスパの良い塗料を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です